建築予定の皆様

建築予定の皆様

日本人は、いつの日か自分の家を造るなら「木の家」に住みたいという夢を持っています。

しかし、現在主流の在来木造軸組み工法のプレカット材は、柱を切り欠き、
切り欠いた梁を組み合わせるため、木材の欠損過大が否めません。

そこで構造上主要な柱や梁には、耐震性を強化し、欠損した部分を補うためのいろいろな建築金物が取り付くこととなりました。
安全・安心を担保したために、木の柱や梁をあらわしで楽しむことが難しくなってしまったのです。

アップルピンシステム(APS工法)は、アップルピンを柱、梁の中に納めて耐震性を強化していますので、
木の柱や梁をあらわしで和室の空間を楽しむことが可能です。

資料請求・問合せはこちら
ページトップへ